ダポキセチンの画像

ダポキセチンを含む薬には何がある?

ダポキセチンを含む医薬品は、主に精神を安定させる医薬品に含まれていることが多いです。抗うつ剤や精神安定剤に含まれています。興奮物質を抑える効果がダポキセチンにはあり、主にノルアドレナリンを抑制する力を持っています。セロトニンという物質は特にノルアドレナリンを抑制することがわかっており、これを増やすための成分がダポキセチンです。セロトニンが分解することも多く、それを抑制する効果もあることで、脳内でセロトニンが一定量満たされることになります。それで興奮物質であるノルアドレナリンを抑えることが可能です。こうみると精神安定剤として使われていることが理解できるはずです。

ダポキセチンは早漏改善薬としても使われるようになりました。抗うつ剤や精神安定剤を服用している患者さんが、副作用として射精のタイミングが遅れたと報告したことによって開発されました。抗うつ剤等の効果のメカニズムと同じように、興奮物質であるノルアドレナリンを抑制するセロトニンを脳内に留めておくことで興奮を抑え、そして射精を遅らせることが可能です。射精は自律神経が働くことで起き、主に副交感神経は勃起を、射精は交感神経が働きます。その交感神経の動きを抑制する効果もダポキセチンにはあることから、大きな効果を見込むことができます。

性行為の数時間前に飲むことで、射精のスピードを抑えることができます。いままでいろんな早漏改善グッズがありましたが、どれも性器につけるタイプの製品であり、女性が触れることで悪影響も起きやすかったです。ダポキセチンはそのようなことなく、ただ男性だけが服用すればよい医薬品になりますので、男性にとってバレにくく大きなメリットになるでしょう。