ダポキセチンの画像

ダポキセチンは副作用はあるのか?

早漏の原因として、よく指摘されますのが性行為回数の不足です。
性行為の経験が少ない男性は早漏である傾向が強く、回数を積み重ねる事で症状が治るとも言われています。
しかし、それはあくまでも一例です。経験を積む事で早漏体質が改善する方々もいますが、心因性の早漏の場合は、いくら回数を稼いでも、思っていた通りの効果が実感出来ないでしょう。
心因性の早漏の場合、そもそも経験不足が原因ではありませんので、根本的な引き金である性行為前の緊張を緩和させる道筋を探さなければいけません。

心因性の早漏を効果的に克服させてくれるのが、ダポキセチンが主成分として配合された専門の医薬品です。
性行為を始める直前に、早漏治療薬を適量、服用すれば精神的な緊張が正しく緩和されます。
女性経験の豊富さに関係なく、早漏の男性の心理状況には不安や緊張に基づくストレスが生じやすいです。
抗鬱剤の成分としてもお馴染みのダポキセチンを、あらかじめ摂取する事で、脳内のネガティブな働きが抑制され、その結果として射精を迎えるまでのスパンが延長させられます。

ダポキセチンを含む医薬品は、うつ病患者の方々にも処方される安全なものです。
副作用が目立つED治療薬とは違い、早漏治療薬による大きなリスクはありません。
ただ、お薬を初めて飲まされる方々の中には、睡魔や吐き気、トイレが近くなる、倦怠感などの症状を感じる人々がいますので、副作用がないわけではありません。
初めて早漏治療薬を服用する際は、必ず休日などの自由が利く時間帯にしましょう。
ダポキセチンは既に専門医の臨床実験によって副作用の現れ難さが証明される医薬品ですが、
もし万が一、吐き気や睡魔が生じてもいいように、プライベートな時間と空間で試すのがベターです。