ダポキセチンの画像

通信販売で買えるダポキセチンとメガマックススプレー

ダポキセチンは元来は抗うつ薬の一種でした。この薬を飲んでいると、射精までの時間が長くなるという報告があり、研究が重ねられた結果、現在では早漏治療薬として商品化されています。抗うつ薬であったことからも分かるとおり、ダポキセチンには脳内ホルモンに働きかける作用があります。具体的には、興奮を抑えて気分を落ち着かせるセロトニンの濃度を高めてくれます。ですから興奮しすぎが原因で起こる早漏には、ダポキセチンを配合した薬が効果的と考えられます。
ダポキセチンは日本では早漏治療薬としては認可されていません。処方してくれる医療機関はありますが、保険が利かないため高価な薬です。個人輸入を代行している通信販売サイトから購入すれば、ジェネリック医薬品も選べて、費用の節約になります。ダポキセチンは速やかに排泄されるため、副作用は比較的少ないとされています。しかしめまいや血圧上昇などの症状が出ることもあるため、個人輸入は自己責任で行なう必要があります。
同様に通信販売で購入できる早漏治療薬として、メガマックススプレーが挙げられます。ダポキセチンは内服薬ですが、メガマックススプレーは外用薬なので、副作用の危険はより小さくなっています。性行為の前にスプレーするだけで、手軽な点もメリットと言えます。メガマックススプレーの主成分は、かゆみ止めなどにも使われるリドカインです。これは局所麻酔薬のひとつで、神経に作用して感覚の伝達を妨げる効果があり、生殖器の感覚を鈍くすることで、過敏症による早漏を防止します。ほかに血行を促進するメントールが含まれています。生産管理の行き届いたアメリカ製で、着色料や有害物質を含まない点からも人気のある商品です。