ダポキセチンの画像

ダポキセチンで筋力強化!中年になった今こそ!

更年期障害は女性に特有の症状ではなく、男性にも更年期障害はあります。中年の男性の更年期障害のことをLOH症候群といい、筋力の低下や疲労しやすくなるなどの症状が出ます。女性の更年期障害と同様に、イライラしたり、憂鬱な気分になるなどの精神的な症状も発症します。
中年の男性のLOH症候群には、勃起不全や早漏などの性的能力の衰えの症状が出ることも多く、男性にとっては深刻な悩みになります。LOH症候群による早漏の症状は、早漏防止薬を服用することで改善させることができます。ダポキセチンは早漏防止薬で、ダポキセチンを服用すると、射精を遅らせることが可能になります。
ダポキセチンを服用すると射精を遅らせることができる理由は、脳内神経伝達物質のセロトニンの再吸収を阻害することにより、過度な興奮を抑えられるからです。ダポキセチンを服用することで射精を3倍から4倍延長させることができますので、早漏の症状は改善されます。
ダポキセチンは脳神経に作用する薬であるため、他のED治療薬と併用することも可能です。勃起不全で悩んでいる人は、バイアグラやレビトラなどのED治療薬と一緒にダポキセチンを服用すると、早漏を防止することにつながります。ダポキセチンは副作用が少なく、他のED治療薬と一緒に服用しても問題はありません。ただし、医薬品ですので、人によっては吐き気や頭痛、めまいなどの副作用が出る場合もあります。
ダポキセチンは、ED治療を行っているクリニックで処方してもらうことができます。処方箋医薬品ですので、ドラッグストアや薬局では市販していませんが、医薬品の個人輸入を行っている業者を利用すると購入することが可能です。

ダポキセチンやパキシルで早漏れを改善できるか

早漏れに効果がある薬としてダポキセチンがあります。この薬には脳内物質であるセロトニン濃度を高める作用があります。

そもそも早漏れはなぜおきるのでしょうか。ストレスや心配事を抱えているという心理的な原因、亀頭が敏感すぎるという身体的な原因があります。また自律神経の交感神経が強く働きすぎているのも原因です。

ダポキセチンは交感神経が優位になりすぎないようにすることで、射精にいたる時間を引き延ばす作用があります。空腹時に飲むと効果が出やすく、服用してから1時間くらいで効果があらわれはじめ、5時間~6時間くらいその作用は持続します。

ではパキシルとはどのような薬なのでしょうか。これはSSRI=「選択的セロトニン再取り込み阻害剤」という抗うつ剤のひとつです。鬱病の原因にセロトニンの不足があります。これは脳内物質のひとつで、精神を安定させる作用がある物質です。これが不足すると、ストレスによって脳内の神経伝達物質の動きが鈍化して鬱状態になるのではないかと考えられています。そのためセロトニン再取り込みを阻害することで脳内のセロトニンが減らないようにすることで鬱を治療しようというわけです。

セロトニンには精神をリラックスさせる作用があります。ノルアドレナリンのはたらきを抑制する効果があり、交感神経の働きが過剰になるのを防ぎます。すると早漏れにも効果があるのではないでしょうか。早漏は交感神経が強く働きすぎているのが原因だからです。実際に鬱病の治療でパキシルを服用している患者の一部に射精遅延の症状が確認されているのです。そのためクリニックのなかにはほんらい鬱病の治療のために開発されたパキシルを早漏の治療薬として処方するところも増えています。

通信販売で買えるダポキセチンとメガマックススプレー

ダポキセチンは元来は抗うつ薬の一種でした。この薬を飲んでいると、射精までの時間が長くなるという報告があり、研究が重ねられた結果、現在では早漏治療薬として商品化されています。抗うつ薬であったことからも分かるとおり、ダポキセチンには脳内ホルモンに働きかける作用があります。具体的には、興奮を抑えて気分を落ち着かせるセロトニンの濃度を高めてくれます。ですから興奮しすぎが原因で起こる早漏には、ダポキセチンを配合した薬が効果的と考えられます。
ダポキセチンは日本では早漏治療薬としては認可されていません。処方してくれる医療機関はありますが、保険が利かないため高価な薬です。個人輸入を代行している通信販売サイトから購入すれば、ジェネリック医薬品も選べて、費用の節約になります。ダポキセチンは速やかに排泄されるため、副作用は比較的少ないとされています。しかしめまいや血圧上昇などの症状が出ることもあるため、個人輸入は自己責任で行なう必要があります。
同様に通信販売で購入できる早漏治療薬として、メガマックススプレーが挙げられます。ダポキセチンは内服薬ですが、メガマックススプレーは外用薬なので、副作用の危険はより小さくなっています。性行為の前にスプレーするだけで、手軽な点もメリットと言えます。メガマックススプレーの主成分は、かゆみ止めなどにも使われるリドカインです。これは局所麻酔薬のひとつで、神経に作用して感覚の伝達を妨げる効果があり、生殖器の感覚を鈍くすることで、過敏症による早漏を防止します。ほかに血行を促進するメントールが含まれています。生産管理の行き届いたアメリカ製で、着色料や有害物質を含まない点からも人気のある商品です。

早発射精に効くダポキセチンはあかひげ薬局で買える?

ナイトライフの充実させるために、早発射精を改善したいのであれば、ダポキセチン含有の薬が効果的でしょう。ダポキセチンは、性行為前に服用するだけ、という簡単手軽な方法で、早発射精を抑制してくれる画期的なお薬です。なぜ飲むだけで射精を遅らせることができるのか、その理由は脳への作用にあります。
脳への作用といっても、その効果は非常に安全性の高いものであり、もともとはうつ病のために開発された薬です。脳内のセロトニンを増加させる作用を持っており、緊張感をほぐしたり、リラックス状態へ導いたりという効果を持っています。ダポキセチンを服用すると、セロトニンが増加し、興奮の源であるアドレナリンを抑制してくれます。興奮がしずまることにより、自然と射精のタイミングも遅れてくるのです。これまでの早漏治療でメインとなっていた塗り薬等と比較すると、より原因そのものに働きかける薬だといえるでしょう。

ダポキセチンは海外の大手医薬品メーカーが製造する薬であり、日本国内でも医薬品専門サイトなどで購入が可能です。性の悩みに関する製品を多く取り扱っていることで知られる「あかひげ薬局」にも、ダポキセチン配合の薬はあるでしょうか。
あかひげ薬局は、全国に多数の店舗を展開している他、ネットショップも運営しています。商品のメインは精力剤となっていますが、早漏など様々な性に関する悩みについても、相談することが可能です。インターネット上の公式サイトには相談用のフォームもありますから、一人ひとりの悩みに合う製品をマッチングしてもらうこともできるでしょう。多数の製品を取り扱っていますので、ダポキセチン含有の薬も取り揃えているのではないでしょうか。

ダポキセチンで精力コントロールと失敗への恐怖感

パートナーとの夜の営みを充実したものにするためには、やはり男性側の精力がとても重要といえるでしょう。夜の営みがスムーズに行くと、普段の生活にも張りと自信が生まれてくるものです。射精のタイミングを自分自身で適切にコントロールしたい、そう考えている方は多いのではないでしょうか。
早漏になってしまう原因にはいくつかあり、性的刺激が強すぎること、精神的に余裕が無いことなどが挙げられます。性的刺激については、体位を変更するなどで対策が可能といわれています。男性側でコントロールしやすい体位を選ぶことで、射精を遅らせるというものです。しかし、それだけでは精神的な部分をカバーしきれない、ということもあるでしょう。
極度の緊張が続くと、脳内にはアドレナリンが分泌されるようになり、これが性的な興奮を加速させるといわれています。脳の中というのは自分自身で「こうしよう、ああしよう」と考えても、なかなかコントロールできないものでしょう。一度「自分は早漏なのでは」と気にし始めると、その後「また失敗するかも」と考えてしまい、さらに緊張の度合いが増してしまいます。染み付いた緊張と恐怖感をしずめるためには、早漏治療薬などを利用するのも一つの手です。
早漏に効果が高いとして知られているダポキセチンは、脳内の興奮と緊張をしずめてくれる薬です。ダポキセチンを服用すると、脳はセロトニンを分泌するようになり、リラックス状態へと導かれます。セロトニンの効果によって、アドレナリンの分泌も抑えられるようになり、結果的に早漏が治る、というものです。
ダポキセチンは服用することで効果を発揮する薬であり、現在多くの方が早漏改善のために利用しています。

ダポキセチン配合のダポキシーは副交感神経系に優位に

最近はPE治療薬と主に男性に認知されるようになりました。早漏改善薬の主成分であるダポキセチンは、性行為で悩む男性を解決に導いてくれます。性行為の数時間前に服用することで、射精の時間を長くする効果がダポキセチンにあります。この成分が含有されているのはダポキシーであり、この医薬品は日本のクリニックでは処方されていません。そのほかのダポキセチンが配合されている医薬品は一部の早漏改善クリニックで厚生労働省から認可された場合に限り処方されます。

ダポキシーはそれらの医薬品のジェネリック医薬品の位置づけであり、比較的安く購入することが可能です。ダポキシーを購入する場合は、クリニックでは処方されていませんので、個人輸入を頼るしかありません。輸入によって海外の医薬品を購入する方法になりますが、いきなりこのような購入は控えるようにしましょう。医薬品になりますので、副作用を心配しなければなりません。ほかの医薬品を服用している場合、併用してはいけない薬もあります。意外なところで水虫の治療薬である抗真菌剤と相性が悪いなどありますので、個人の判断で服用しないようにしましょう。

射精は副交感神経系を優位に働かせることで、遅らせることができます。性行為は自律神経が大きな役割を果たしており、副交感神経系は勃起を、交感神経系は射精をつかさどります。交感神経を優位に働かせるのはノルアドレナリンであり、それを抑えるのがセロトニンです。そのセロトニンを多く分泌させる効果があるのがダポキセチン配合の医薬品になります。もともとは抗うつ剤で使われていた医薬品を改良し、早漏改善薬にしました。早漏でパートナーとより良い性行為ができていない場合は、使ってみると良いでしょう。

ローションより早漏防止のクスリ、ダポキセチンを飲む

男性の悩みの一種として、早漏についてのものがあります。早漏とはパートナーの膣内に挿入してから、射精をコントロールできないことや、挿入してから1~2分ほどのうちに射精してしまうような症状のことを言います。早漏の場合には、女性に対して性行為での満足度を上げることができないために、改善したいと考えている人も多いでしょう。
早漏の改善方法としては、ローションを使用してペニスの亀頭の感度を鍛える方法があります。ローションを使用することで強い刺激をイメージしながら、トレーニングを行えることになります。ただし、医学的には亀頭の敏感さによって早漏が起こるということは否定されています。
射精は脳内のノルアドレナリンの作用によって引き起こされることがわかっており、セロトニンが分泌されることでノルアドレナリンは抑制されます。セロトニンの分泌量が少ないと、ノルアドレナリンの働きを抑制させることができなくなり、射精してしまうことが早漏の原因であると考えられています。そのために早漏を改善するには、ローションを使用して亀頭の感度を上げることよりも、セロトニン取り込みを阻害できるクスリである、ダポキセチンを服用するほうが効果があると言えます。ダポキセチンはSSRIの一種で、服用することでセロトニンの濃度を高めることができますので、射精を促してしまうノルアドレナリンの分泌を抑制させる効果が得られます。この作用によって脳内の過剰な興奮を抑えることができますので、射精時間を長くして早漏を防止することが可能になります。ダポキセチンの作用によって、射精時間は4~5倍ほどに長くなると言われており、効果が現れるまでには1時間ほどかかりますので、クスリを飲むタイミングに気を付けて使用することがおすすめです。

ダポキセチンを含む薬には何がある?

ダポキセチンを含む医薬品は、主に精神を安定させる医薬品に含まれていることが多いです。抗うつ剤や精神安定剤に含まれています。興奮物質を抑える効果がダポキセチンにはあり、主にノルアドレナリンを抑制する力を持っています。セロトニンという物質は特にノルアドレナリンを抑制することがわかっており、これを増やすための成分がダポキセチンです。セロトニンが分解することも多く、それを抑制する効果もあることで、脳内でセロトニンが一定量満たされることになります。それで興奮物質であるノルアドレナリンを抑えることが可能です。こうみると精神安定剤として使われていることが理解できるはずです。

ダポキセチンは早漏改善薬としても使われるようになりました。抗うつ剤や精神安定剤を服用している患者さんが、副作用として射精のタイミングが遅れたと報告したことによって開発されました。抗うつ剤等の効果のメカニズムと同じように、興奮物質であるノルアドレナリンを抑制するセロトニンを脳内に留めておくことで興奮を抑え、そして射精を遅らせることが可能です。射精は自律神経が働くことで起き、主に副交感神経は勃起を、射精は交感神経が働きます。その交感神経の動きを抑制する効果もダポキセチンにはあることから、大きな効果を見込むことができます。

性行為の数時間前に飲むことで、射精のスピードを抑えることができます。いままでいろんな早漏改善グッズがありましたが、どれも性器につけるタイプの製品であり、女性が触れることで悪影響も起きやすかったです。ダポキセチンはそのようなことなく、ただ男性だけが服用すればよい医薬品になりますので、男性にとってバレにくく大きなメリットになるでしょう。

ダポキセチンは副作用はあるのか?

早漏の原因として、よく指摘されますのが性行為回数の不足です。
性行為の経験が少ない男性は早漏である傾向が強く、回数を積み重ねる事で症状が治るとも言われています。
しかし、それはあくまでも一例です。経験を積む事で早漏体質が改善する方々もいますが、心因性の早漏の場合は、いくら回数を稼いでも、思っていた通りの効果が実感出来ないでしょう。
心因性の早漏の場合、そもそも経験不足が原因ではありませんので、根本的な引き金である性行為前の緊張を緩和させる道筋を探さなければいけません。

心因性の早漏を効果的に克服させてくれるのが、ダポキセチンが主成分として配合された専門の医薬品です。
性行為を始める直前に、早漏治療薬を適量、服用すれば精神的な緊張が正しく緩和されます。
女性経験の豊富さに関係なく、早漏の男性の心理状況には不安や緊張に基づくストレスが生じやすいです。
抗鬱剤の成分としてもお馴染みのダポキセチンを、あらかじめ摂取する事で、脳内のネガティブな働きが抑制され、その結果として射精を迎えるまでのスパンが延長させられます。

ダポキセチンを含む医薬品は、うつ病患者の方々にも処方される安全なものです。
副作用が目立つED治療薬とは違い、早漏治療薬による大きなリスクはありません。
ただ、お薬を初めて飲まされる方々の中には、睡魔や吐き気、トイレが近くなる、倦怠感などの症状を感じる人々がいますので、副作用がないわけではありません。
初めて早漏治療薬を服用する際は、必ず休日などの自由が利く時間帯にしましょう。
ダポキセチンは既に専門医の臨床実験によって副作用の現れ難さが証明される医薬品ですが、
もし万が一、吐き気や睡魔が生じてもいいように、プライベートな時間と空間で試すのがベターです。