ダポキセチンの画像

ダポキセチン配合のダポキシーは副交感神経系に優位に

最近はPE治療薬と主に男性に認知されるようになりました。早漏改善薬の主成分であるダポキセチンは、性行為で悩む男性を解決に導いてくれます。性行為の数時間前に服用することで、射精の時間を長くする効果がダポキセチンにあります。この成分が含有されているのはダポキシーであり、この医薬品は日本のクリニックでは処方されていません。そのほかのダポキセチンが配合されている医薬品は一部の早漏改善クリニックで厚生労働省から認可された場合に限り処方されます。

ダポキシーはそれらの医薬品のジェネリック医薬品の位置づけであり、比較的安く購入することが可能です。ダポキシーを購入する場合は、クリニックでは処方されていませんので、個人輸入を頼るしかありません。輸入によって海外の医薬品を購入する方法になりますが、いきなりこのような購入は控えるようにしましょう。医薬品になりますので、副作用を心配しなければなりません。ほかの医薬品を服用している場合、併用してはいけない薬もあります。意外なところで水虫の治療薬である抗真菌剤と相性が悪いなどありますので、個人の判断で服用しないようにしましょう。

射精は副交感神経系を優位に働かせることで、遅らせることができます。性行為は自律神経が大きな役割を果たしており、副交感神経系は勃起を、交感神経系は射精をつかさどります。交感神経を優位に働かせるのはノルアドレナリンであり、それを抑えるのがセロトニンです。そのセロトニンを多く分泌させる効果があるのがダポキセチン配合の医薬品になります。もともとは抗うつ剤で使われていた医薬品を改良し、早漏改善薬にしました。早漏でパートナーとより良い性行為ができていない場合は、使ってみると良いでしょう。