ダポキセチンの画像

ダポキセチンで精力コントロールと失敗への恐怖感

パートナーとの夜の営みを充実したものにするためには、やはり男性側の精力がとても重要といえるでしょう。夜の営みがスムーズに行くと、普段の生活にも張りと自信が生まれてくるものです。射精のタイミングを自分自身で適切にコントロールしたい、そう考えている方は多いのではないでしょうか。
早漏になってしまう原因にはいくつかあり、性的刺激が強すぎること、精神的に余裕が無いことなどが挙げられます。性的刺激については、体位を変更するなどで対策が可能といわれています。男性側でコントロールしやすい体位を選ぶことで、射精を遅らせるというものです。しかし、それだけでは精神的な部分をカバーしきれない、ということもあるでしょう。
極度の緊張が続くと、脳内にはアドレナリンが分泌されるようになり、これが性的な興奮を加速させるといわれています。脳の中というのは自分自身で「こうしよう、ああしよう」と考えても、なかなかコントロールできないものでしょう。一度「自分は早漏なのでは」と気にし始めると、その後「また失敗するかも」と考えてしまい、さらに緊張の度合いが増してしまいます。染み付いた緊張と恐怖感をしずめるためには、早漏治療薬などを利用するのも一つの手です。
早漏に効果が高いとして知られているダポキセチンは、脳内の興奮と緊張をしずめてくれる薬です。ダポキセチンを服用すると、脳はセロトニンを分泌するようになり、リラックス状態へと導かれます。セロトニンの効果によって、アドレナリンの分泌も抑えられるようになり、結果的に早漏が治る、というものです。
ダポキセチンは服用することで効果を発揮する薬であり、現在多くの方が早漏改善のために利用しています。